切手コラム

高く買い取ってもらえるプレミア切手とは一体何?

  1. HOME >
  2. 切手コラム >

高く買い取ってもらえるプレミア切手とは一体何?

切手は、郵便などにのみ使用するものだと思っていないでしょうか。
もちろんそういった使われ方が主流なのですが、切手にもたくさんの種類があり、物によってはかなり高額で取引される切手もあるのです。

では、そのようなプレミア切手とは一体どのような物なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

プレミアム切手とは

プレミア切手というのは、切手に表示されている価格よりも高い金額で取引される切手のことです。良く、
「プレミア品」
「プレ値がついた」

などという言葉を耳にしないでしょうか。

切手にも同じような現象が起こることがあります。
その理由は、切手を本来の使い方ではなく、コレクション目的で収集しているコレクターが多数存在するからです。
特に生産が注意されていて、尚且つはるか昔の切手などがプレミアとなりやすいのです。

プレミア日本切手

今では当たり前になっている日本切手ですが、初めて発行されたのはいつなのか考えたことはあるでしょうか。
実は明治4年の4月20日なのです。

明治というと、私たちの年代では想像することもできませんよね。
これくらい昔から切手というのは活躍していたのです。
では、初期に作られた切手には一体どのような種類があるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

竜門切手

竜門切手というのは、1871年の4月20日、つまり日本で初めて作られた切手なのです。
1871年と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。
それもそのはず、円表記ではなく「文」表記となっています。

買い取り価格の相場は、

48文切手→2万円程度
200文切手→3万円程度
500文切手→4万円程度


となっています。

鳥切手

鳥切手というのは、海外とやり取りをする際に用いられた切手で、

・12銭
・15銭
・45銭


という種類があり、買い取り相場は、大体3万円から5万円程となっています。

菊切手

菊というのは、今でも警察や天皇の象徴として扱われています。
この切手は、1899年から1908年にかけて発行されました。

菊切手の最大の特徴は、種類がとても多いということです。
これまで紹介してきたのは、3つ程の種類でした。

しかし、菊切手というのはなんと18種類もあるのです。
買い取り相場は、大体500円から1万5千円程となります。

プレミア記念切手

何かのイベント事などの際に作られた、記念切手というものも存在します。
この記念切手は、特に買い取り価格が高くなりやすく、
「プレミア記念切手」
などと呼ばれたりもします。

明治天皇銀婚記念切手

この切手は、名前の通り明治天皇の銀婚式を祝って作られた切手です。
また、記念切手としては、日本初となりました。
種類と買い取り相場は、

2銭 3,500円程度
5銭 5,000円程度


となっています。

日清戦争勝利記念切手

今では考えられませんが、かつて日本は戦争をしていました。
そして、日清戦争に勝ったことを祝ってこの切手が作られたのです。
発行されたのは、1896年の8月1日ですから、かなり昔のことになります。

相場と種類は、

2銭 2,500円程度
5銭 6,000円程度


となっています。

大賞婚儀記念切手

そして時代は現在と近づき、1900年です。
大正天皇が結婚をしたことを記念して、対象婚儀記念切手が作成されました。
この切手は、3銭しかなく、買い取り相場は2,000円前後となっています。

この切手は、図柄がかなり特徴的なのですが、当時の結婚式で使われた引き出物が描かれているのです。

プレミア中国切手

高値が付きやすい切手は、日本の物ばかりではありません。
実は切手マニア、切手コレクターというのは、世界に存在しています。
そのため、様々な海外の切手を集めている人も多いのです。

赤猿

まずは赤猿です。
これは海外切手、中国切手としてはかなり有名で、図柄もシンプルになっています。それは、赤い背景に猿が描かれているというものです。

発行日は、1980年と比較的最近ですが、中国が初めて発行した切手ということや、発行されている枚数がかなり少ないことからプレミア切手となっています。

買い取り相場は、10万円から17万円程です。
ただし、この値段は、バラの場合です。
これがシートになると、百万円以上が動くこともあるのです。

毛主席の最新指示

はるか昔、中国は切手を集めることが禁止されていました。
この毛主席の最新指示という切手も、本来は持ち出しが禁止だったのですが、旅行者が持ち帰ったものが市場に出回り高額で取引されています。
相場は、大体10万円以上です。

発行日は1968年と赤猿よりも古いのですが、赤猿ほど高値では取引されていないようです。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう

ちょっと変わった可愛い名前の切手ですが、相場は全く可愛くありません。
1979年に発行された、子供の絵が描いてある一見何でもない切手です。
しかし、発行枚数が少ないことから、12万円ほどで取引されることが多いです。

まとめ

このように、切手にはたくさんの種類があり、額面以上の値段で取引されることが多いです。
もしかしたら、実家の引き出しやタンスの中に、このようなお宝が隠されているかもしれませんので、見つけた際は、査定に出してみることをおすすめします。

-切手コラム
-, ,

Copyright© 切手買取エキスパート , 2020 All Rights Reserved.